手荒れ、三種の神器
水仕事は、手の血管を収縮させます。皮脂膜や角層(バリア)の破壊は水中で手を擦りあわせるだけでもおこりますが水より湯、湯より石鹸の使用、石鹸よりも洗剤の使用、洗剤よりも漂白剤の使用によって増強されます。それらに加え、様々な刺激物質が本性を増悪させます。
特に、小さいお子さんのいるお母さんは仕事量が多いので、手が荒れやすくなります。お産で実家に帰っているときは良くなっているかたが殆どです。良い状態のときもビニール手袋をそて洗剤を素手で扱わないようにしましょう。なかにゴムアレルギーのかたもありますが、稀です。
また、最近は男性も家事をするかたが増えて主夫手湿疹のかたもみられます。
手荒れ予防の三種の神器はビニール手袋、夫の家事分担、食器洗器、特に最初の2つは安価で良い方法です!?