多汗症とわきが
わきが(腋臭症)で悩んでいらっしゃる方も多いと思います。
わきがはアポクリン腺から出る汗に細菌感染がおこり、特有の臭いを生じるといわれています。食べ物の欧米化で昔より臭いが強くなっていると言われています。また、清潔好きの日本人は欧米人に比べて気にする人が多いとも言われています。
対策は汗の量を減らすことと、細菌の繁殖をおさえることです。
汗の量を減らす根治的な方法は手術ですが、痛みや費用に加え、跡形の問題もあります。ボトックスも注射も有効ですが、効果が半年から1年と永久ではありません。まず、市販の制汗剤から試してみるのも良いでしょう。が、制汗剤の匂いが気になるかたも多いようです。まず、当院では塩化アルミニウムを用意しておりますので、お試しください。
細菌の繁殖をおさえる方法として抗菌剤の外用が考えられます。試しににきびの薬をつかってみたら、思ったより良く効きます。
お子さんにも安心して使えるので、一度試してみる価値はあるようです。
このような方法では満足されないかたは、次にボトックス、それでも駄目なら手術を考えてはいかがですか?