金属アレルギー
金属アレルギー
金属アレルギーと一言でいいますが、金アレルギー、銀アレルギー、銅アレルギー、ニッケルアレルギーなどなど、 個別の金属にアレルギーを起こすことや体質をいいます。メッキの金属に含まれる、ニッケルやコバルトは起こりやすい金属です。
金属アレルギーが原因となる疾患
◎アクセサリーなど金属が触れたところにかゆみや湿疹がでる。時計のベルト、ベルトのバックルなどによる。特に、ニッケルメッキのニッケルによるかぶれは多く、時計のベルト、 ベルトのバックルに触れているところに皮膚炎がおこる。義歯が触れたところに口内炎が起こることもある。
金のよるアレルギーもあり得ないことは無いが 金は溶けにくい金属で、金アレルギーと思っているひとの多くは18金の中に混在しているニッケルかぶれのことが多い。 皮製品やセメントかぶれはクロムによるアレルギーのことが多い。
◎掌蹠膿疱症の中には金属アレルギーが原因となっているヒトもいるが少数(1割程度)です。
パッチテスト
単一金属でパッチテストができます。個別の金属でパッチテストが出来ます。費用も血液検査などに比べばかかりませんので、心配なら、皮膚科専門医に御相談ください。
ピアス、歯科金属と金属アレルギー
金属は高温多湿でイオン化しやすくなります。イオン化するとタンパク質と結合してアレルギーを起こしやすくなります。なので、ピアスや口の中のような環境では金属がイオン化しやすいため、 アレルギーを獲得しやすくなっています。アレルギーは生まれた時から持っているわけでは無く、後から、獲得するものです。いったん獲得してしまったアレルギーを捨てること(脱感作)は非常に困難です。
金属アレルギーをおこさないために

ピアスッシングは必ず、医療用のファーストピアスを使う。肌の弱いひとはあまり、安いアクセサリーを付けっぱなしにしない。ファーストピアスと同じ軸のピアスでデザインの可愛いものもたくさんあります。しるがでたり痛かったりするときはそんなピアスを使ってみるのも良い方法です。