皮膚科にかかるとき
患部を必ず、診せて下さい。お体を拝見する場合は、個室を用意しております。御安心下さい。関係ないと思われるところを診せて頂くこともありますが、鑑別診断上何もないことを確認することもあります(セクハラではありません 笑い!)。顔の場合は お化粧をとって頂く場合もありますので、メーク道具を御持参ください。
 皮膚科医にかかる時は、以下のような事を頭のなかで、整理していただくと、医師はたいへん助かります。関係のないようなことを伺うかも知れませんが、よろしく、お願いします。
  1. いつから (最近とか大分前というのではなく、具体的に)
  2. どんな発疹が (自分の思っている診断の症状ではなく)
  3. どんな具合か(どんどんひどくなってきたか。広がってきたか。)
  4. 家族に同じような皮膚病はないか
  5. 職業は具体的に、、、引っ越し、転職などを伺うこともあります。
  6. どんな治療をしていたか。(他医にかかっていたか、市販薬を塗っていたか。)他医にかかっていた場合には、その外用薬や内服薬を持参し、見 せていただくと助かります。
  7. 他に病気がないかどうか。
  8. 常用している薬(家庭薬、漢方薬、健康食品)があるかどうか。
  9. 女性の方へ、現在妊娠中かどうか、生理はどうなっているか。
  10. 薬のアレルギーがないかどうか。(注射や薬で発疹が出たことがないか、また注射や薬で気分が悪くなったことがないか、)
以上のようなことを、ぜひ教えていただきたいと思います。3分間診療ということが良く言われますが。混雑した日や初診の患者さんが多い日には、残念ながらゆっくり時間がとれないのが現実です。少ない時間をお互いに有効に使うために、上のような情報を整理して頂けると、非常に助かります。
美容的な治療をお望みのかたは、どうしたいのかを御自分のなかで整理しておいていただけると助かります。あるしみをとりたいとして、どれくらいとりたいのか?ダウンタイムはある程度とれるのか?幾らくらいコストをかけていいと考えているのか?
しみやしわがあっても人間の値打を左右するわけでもありません。命にかかわることでもありませんので、治療を強要することはありません。治療するかどうかの決定は御自分でお願いします。出来るだけ早く、楽に、安くと考えていますが、、、
お迷いのかたは、まず資料を御覧下さい。FAXか電話で御請求くだされば送ります(無料)。